過払って何?

「過払い」とは何だ?

 「過払い」とは、読んで字のごとく「払いすぎ」のことです。世の中には、税金の過払いや保険料の過払いなど、さまざまな過払いがありますが、ここで話題にするのは、テレビ・ラジオや新聞チラシで見かける過払いのことです。

 この過払いの原因は高金利による貸付です。主に、アコム・アイフル・プロミス・レイクなどの消費者金融や、クレジット会社の貸付に関連して過払いが発生します。

 我が国には、利息制限法という法律があります。その法律によりますと、金銭を貸し付ける場合の利息は、
・元本が10万円未満の場合・・・・・・・・・・年20パーセント
・元本が10万円以上100万円未満の場合・・・年18パーセント
・元本が100万円以上の場合・・・・・・・・・年15パーセント
が上限であり、それを超える部分については無効としています。

 以前、消費者金融やクレジット会社は、他の法律に基づいて上記金利を遙かに超える金利で貸し付けしていました。29パーセント前後で貸し付けしていましたし、もっと高い金利の時代もありました。

 この頃の高金利と利息制限法による金利との差が、払いすぎた額と言うことです。ですから、住宅ローンや車のローンでは、過払いは生じません。

★この後も続きます★